MENU

自社株買いとは?

2020 3/05

昨日、三井物産が500億円の自社株買いを発表したというニュースがあり、そのニュースを受けて今日の三井物産の株価が上がりました。

最近、自社株買いによって株主還元に取り組む企業が増えてきたということなので、自社株買いとはなんなのかを調べていきます。

目次

なぜ自社株買いを行うのか?

自社株買いとは、企業が発行している自社の株式を市場から買い戻すことです。

なぜ企業が自社株を買い戻す必要があるんでしょうか?

株主還元

企業が行う代表的な株主還元の方法として「増配」と「自社株買い」があります。

「増配」は実際に株主が受け取れる金額が増えるのでわかりやすい方法です。

一方「自社株買い」がなぜ株主還元になるのか。

最初に思いつくのは「自社株買いを行うことで株価が上がるから」ということです。

自社株買いで株価が上がる理由

自社株買いによって短期的に株価が上がることがあるかもしれません。

しかし短期的な株価の上昇ではすぐに元の株価に戻ってしまうので株主還元にはなりません。

自社株買いの目的は「株を買うことで株価を押し上げる」のではなく「1株あたりの利益が増やす」ことです

以下、その仕組みを説明します。

PER:株価収益率

PERとは

PER=株価÷EPS(1株あたりの利益)

で求められる株価の割安度です。

そしてEPSとは

EPS(1株あたりの利益)=当期純利益÷発行済株式数

で求められます。

つまり、発行済株式数が減るとEPSが上がるEPSが上がるとPERが下がる。

PERが低い企業は割安感があるので株が買われやすくなり、その結果株価が上昇します

もちろんPERが低いというだけで割安だと判断するのは危険なので、その企業の財務状況や業績など総合的に判断することが必要です。

その上でしっかりした企業が自社株買いを行うと上記のような流れで株価が上昇します。

ROE:自己資本利益率

ROEとは

ROE=当期純利益÷自己資本×100

で求められる、自己資本(純資産)に対してどれだけの利益が生み出されたのかを見る指標です。

これは企業が自己資本をどれだけ効率的に運用して利益を生み出したかを表します。

自社株買いは自己資本で自社株を買い戻すので、手元の自己資本が減ります。

純利益が同じなら自己資本が少ない方がROEは高くなります。

ROEが高いほど自己資本を効率的に運用しているということになるので、投資家にとって魅力ある投資先ということになり、株価が上昇します

自社株買いした株のその後

ところで自社株買いによって市場から回収された株式はその後どうなるのでしょうか?

回収後の株の取り扱いには「消却」と「金庫株として保有」の2種類があります。

消却

「消却」とは自社株買いで回収した株式を消滅させて発行済株式総数を減少させることです。

株式を消滅させるので、その後売却することはできなくなります。

金庫株として保有

回収した株式を一旦保有し、その後売却やストックオプションなどに利用。

一時保有するとはいえ、1株あたりの利益が増加することには変わりありません。

これはややこしい話なので簡単に書くと

1株あたりの利益を計算する際の株式数には自社で保有する自社株式数は入れない

ということのようです。

なので、金庫株として自社株を保有していても発行済株式数には含まれないようです。

自社株買いのメリット・デメリットまとめ

自社株買いを行うことで一株あたりの利益を高くして株価が上がることはわかりました。

それ以外のメリット・デメリットはなんでしょうか?

自社株買いのメリット

  • 回収した株式の配当を払う必要がなくなる
  • 株価を上昇させることで買収されづらくする
  • 回収した株式をストックオプションとして社員に付与することで社員への還元をすることができる。

自社株買いのデメリット

  • 自社株買いは手元資金を使うので、自己資本が減る。

自己資本の減少はROEの上昇というメリットがありますが、同時に企業の自己資本比率が低下してしまうというデメリットもあります。

一般的に自己資本比率が20%を下回ると危険だと判断されるので、手元資金があまりない企業が自社株買いを行う際には注意する必要があります。

まとめ

今回は自社株買いについて調べてきました。

自社株買いを行うことでPERやROEなどの指標を良化することで株価が上昇するということがわかりました。

昔は増配が株主還元の主流でしたが、最近では日本でもヤフー・NTTドコモ・トヨタ自動車などの大企業が自社株買いでの株主還元を行うようになってきています。

また、増配は企業にとっては負担が多いですが、自社株買いは会社側にもメリットがあるという点も大きいと思います。

自社株買いをしたからといって必ず株価が上がるわけではないですが、そのあたりもこれから注目してみていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる